ソファに座ってこちらを見上げる女性

風俗とセクキャバの違い

風俗とセクキャバにどんな違いがあるのかといえば、セクキャバは風俗よりもサービスがライトだということです。サービスがライトですので、どんな男性でも楽しみやすいのがセクキャバの特徴です。

たとえばセクキャバの場合は、キスや女性の上を触ることは普通にできますが、女性の下を触ることはできません。女性の下を触ってしまったらNGですので、触らないように気をつけなければいけません。風俗ならもう少しディープなプレイをしてもOKですが、セクキャバはそうではありません。ただ風俗ほどディープなサービスができないからこそ、どんな男性でも楽しめるのがセクキャバなので、女性とライトに楽しみたい男性は風俗よりもセクキャバのほうが向いている場合があります。この点をよく踏まえ、もしもライトなサービスのセクキャバが合っていると感じたら、セクキャバを利用したほうが満足できます。 女性と遊ぶサービスをまだ1度も利用したことがなくて、とりあえずライトなサービスからデビューしてみたい男性は風俗よりもセクキャバのほうが向いています。キスをしたり、女性の胸を舐めたりなどライトなサービスとはいってもそれなりのプレイをすることはできますので、風俗ほど濃厚プレイでなくても構わない男性にはセクキャバがオススメです。

白いミニドレスの女性

セクキャバの魅力

風俗店は過激なサービスが魅力的ですがセクキャバは、セクキャバの良さがあります。お酒を飲みながらゆっくりと女の子とイチャイチャして、おっぱいを触ることができるというメリットがあるのです。気分的にそこまで激しいサービスはいらないけれど、とにかく女の子とお酒を飲みたいという日もあります。キャバクラでは女の子を触れないのでちょっと物足りなくて、風俗ではお酒が飲めないのであまり楽しくないと感じる場合もあります。そんな時には間をとって、セクキャバで女の子との会話やキスを同時に楽しむことができます。おっぱいを触ったり、服の上からならお尻も触ったりすることができるので、温もりを感じながらお酒を飲むことができます。なかなかそういうサービスを提供してくれるところが少ないので、セクキャバに行ったことがない人はとりあえず雰囲気だけでも楽しんでみましょう。中途半端なのではないかと考える人もいるのですが、行ってみると良いとこ取りであることが分かります。風俗ではお酒を飲みながらゆっくりと会話をすることもできませんが、セクキャバならそれができます。しかも風俗店によってはキスもできなかったりする場合もあります。セクキャバはイチャイチャしながらキスやおっぱいも吸うことができてお酒込みで会話も楽しめます。

気楽に通える関東のセクキャバをご紹介

風俗を利用するときにはどうしても緊張してしまうという人は、気楽に利用できるセクキャバを使いましょう。恋人のようにイチャイチャさせてくれるのがセクキャバのサービスですから、女性に気を使う必要もありません。ディープキスもできて、おっぱいも生で触れますし、セクキャバは良いことだらけです。風俗よりも気軽に楽しめるセクキャバは、風俗から足が離れてしまっているけれど、女性の温もりも感じたいという人にとって非常に便利です。しかもこちらは発射する必要もないので、好みの女の子じゃなかった場合は、ただおしゃべりをしてお酒を飲んでいれば良いのです。興奮しないと女の子に失礼になるのではないかと考えてしまうタイプの優しい男性でも気楽に利用できます。まだセクキャバのシステムをあまり理解していない人は、ディープキスをしたりおっぱいを触ることができるキャバクラのような感覚でイメージしておきましょう。ただ下へのおさわりは禁止されていることがほとんどなので、盛り上がりすぎて触らないように注意しておきましょう。このようにセクキャバではお酒を飲んでおしゃべりもできて、イチャイチャできます。風俗よりもかなり気楽に入ることができます。金銭的にもそこまでダメージは受けませんので、ふらっと寄れるのもセクキャバの魅力的なポイントのひとつです。

関東圏内には多数セクキャバがあります。オフィシャルHPなどをチェックして気になるセクキャバをチェックしてから行くと良いでしょう。